eyemakeに思うナチュラルカラコンの究極系?ノーズシークレットはいかが

eyemakeカラコンがベストオプションとノーズシークレット

明るい裸眼の女性が羨ましいと思うときがあります。初心者のうちはナチュラル系カラコンが好きだったけど、そこからデカ盛りになってまた自然なのに戻ってきた感じでeyemake。盛りたいときのノーズシークレットのことも

初心者にも中高年にもeyemakeカラコンがうけるはず

ウケがいいという言い方も今では馴染んできましたね。
評判がいいとか、評価される、可愛いと思ってもらえる、いろんな意味で使われていると思います。
美のエキスパートではないけれど、少しでも一目置かれる存在になりたい願望は確かにあります。
誰かもっと詳しくカラコンのこと教えてくれる人がいればいいのですが、ネット頼りになってしまうのは残念ですがどうにもなりません。

 

前置きはここまでにして、幅広い年齢層に支持されているカラコンといえばeyemakeではないでしょうか。
モデルさんが変わりましたが、やはり30代でも十分可愛く盛れるという印象を持っています。

eyemakeから登場したワンデーに期待

1ヶ月使用もいいんですが、1dayも使い勝手いいんですよね。
eyemakeから1dayが発売されたのも、要望が多かったのかな?

  • レンズ直径は14.0mm
  • 着色直径12.8mm
  • ベースカーブ8.6mm
  • 度ありもあってpwrは-8.00まで
  • カラバリはブラウンとブラックの2色
  • eyemakeはこんなときにいいかな
  • 大人っぽいけど可愛い感じにしたい
  • 大きいカラコンは苦手
  • 年齢的に落ち着いた感じのがいい
  • ナチュラルに自然につけたい

ワンデーだから、毎日新品を使うので清潔だしね♪
1箱30枚入り(片目1か月分)で3,280円。
使ったからゴミ箱に捨てればOK。旅行の時にも重宝するんですよね♪
このカラコンのドットデザインは注目ですね。
まずはブラウン。すっぴんでも大丈夫そう。ナチュラルなので何歳でもいけそう。
そしてブラック。
瞳に馴染む色なんで会社にもつけていけそう。
メイクを変えたかのような違和感のないナチュラルさ。

 

装着画像はイメージなので、実際には色味がちょっと違うかもしれませんが、まあこんな感じでしょう。
口コミとか装着画像はあくまで参考にして、ワンデーなので、試しやすいのがいいな♪

ノーズシークレットで不自然だけど高い鼻になれるメリット

目のことを書いたので次は鼻のことです。黒目が小さい悩みの解消にカラコンはいいけど、鼻を高くしたいならどうしましょう。
洗濯バサミでつまむという方法もありますが、さすがに賛否両論ありますね。痛いとか、挟んでたあとがつくとかもあるでしょうから。
そこでノーズシークレットという便利がグッズがありますので紹介しておきましょう。

 

ホリの深いハーフ系を目指すなら、鼻周りのメイクも気をつけたいところでしょう。
ノーズシャドウをうまく使いこなすことができたら、鼻をスマートに見せることができるでしょうし、そうなると高くも見えると思います。
こういったメイクでうまく鼻を可愛く見せることが出来るのならいいですが、そういのは面倒だと思うなら物理的なところでノーズシークレットを使ってみるのもおすすめです。
ノーズシークレットの実物写真

 

陰と陽のバランスを使い分けることが外国人風メイク作りには欠かせません。立体感が出ると小顔効果もありますから、ハイライトの調整も極めたいと思っています。

ノーズシークレットにおける自分の中の葛藤

個人的には、イメージすることが苦手なので、ノーズシークレットを使うとどう変化できるかを想像することが苦手なのかもしれません。
なぜなのかは分かりませんが、刺激が足りないのか、感情が足りないのか分かりません。
ついつい、愚痴っぽくなってしまうのも自分の悪いクセだと思っています。読み手のことまで考えて文章を書くのは得意ではありませんが、きれいな文章が素敵とは思いません。
ただ、一つ思うのはノーズシークレットにしても、カラコンにしても、ついつい買ってしまうようなホームページをみかけてしまうことがあります。
そうなると一気に衝動買いしてしまうんです。

 

それが悪いわけではありませんが、駆け足で読んでいくと、読み終わる頃にはつい買う気になってしまってたりするんです。
それが自分のコンプレックスに関することであれば、尚更です。買う価値はあるなってすぐに判断してしまうんでしょうね。表現力が乏しいこともありますので、そういう文章で出会うと真っ先に飛びついてしまうのが自分の性格とは思います。
今年の目標としては、あれこれ買うのではなく、買ったらまずそれを徹底的に使い続けようと思います。


ホーム RSS購読